リアルな女子高生のコトバがJOL原宿からSNSを巻き込んでリーチする結果に

O2O ティーンでPR ティーンに流行 ティーンに認知拡大 美容/日用品

20_00

家庭用ヘアカラー剤のプロモーション施策事例です。

需要が高まる直前シーズンにて、JOL原宿内に特設ブースを設置しました。

 "カラーしてやりたい事" をフォトパネルに来場者が直接メッセージを書けるようにしたことで、理想の自分や普段思っている素の気持ちなど、様々なメッセージが書き込まれました。

 

また、メッセージを書いた来場者がSNS発信して、来場していない人にも波及的な効果を生み出しました。

20_01

▲参加者の様子

 

 

来場者が自主的に参加される企画になる

最初ブースには専用の呼び込みスタッフを設置していましたが、日を追うごとに多くの方が自主的に参加する事も多くなり、最終的にはスタッフが居ない間も自然発生的に参加者が増えていきました。

結果2,000人以上が “ヘアカラーしてやりたい事” を書いて大変盛り上がった企画になりました。

 

SNS上で拡散され、高いエンゲージメントを記録した内容とは

約1,000人の方がフォトパネル前で撮影した写真を自身のSNSにアップすることでSNSからの集客も見込まれました。

投稿内容には、“いいね” “お気に入り” を多くされる傾向があり、企業施策でありながら友達からの情報としてしっかり受け止められる内容になりました。

20_02

▲SNSにアップされる写真にも様々な工夫がされています

 

JOL原宿発信でSNS上の約20万人のフォロワーへ届ける

フォト撮影した写真を拡散した来場者にフォロワー数をスタッフが確認したところ、約20万人のフォロワーに本施策の情報に接点を持った結果になりました。

イベントと同時に特設サイトを用意していましたが、SNS上からのエンゲージの高いユーザーの流入も多く、施策効果の良い結果になりました。

Pocket

キーワード:, , , , , ,

お問い合わせ