前代未聞!?ホラー映画の試写会を女子高生が運営プロデュース

PRイベント ウェブタイアップ エンタメ/デジタル ティーンでPR ティーンに流行 ティーンに認知拡大 ティーンプロジェクト 定量調査・定性調査

067_01

某配給会社にて、女子高生が企画するホラー映画の試写会を実施しました。

ホラー映画×女子高生という意外な組み合わせは世間からも注目を集め、Twitter拡散及びタイアップページへの流入にも繋がりました。

 

ホラー映画の試写会を女子高生がプロデュースする面白さとは?

  1. ホラー好きの各世代ではなく、あえて「女子高生」に限定することで意外性が高まり幅広い層からの注目度が上がる
  2. 入り口の装飾から司会進行はもちろんのこと、試写後のゲームや衣装もマイナビティーンズ会員である女子高生が企画することで、SNSで拡散される要素がふんだんに盛り込まれた
  3. マイナビティーンズ会員の女子高生が企画したという当事者意識から、自らSNSへ投稿し、友達であるフォロワーへ口コミで作品の認知が広がっていく効果がある

067_02

▲実行委員会ミーティング風景&当日の様子

 

前代未聞の女子高生ホラー映画試写会プロデュース

テーマは「どんなホラー試写会だったら友達に広めたいか」。

ホラー映画の試写会は毎年行われていますが、その中でも何か一際面白いことをしたいという思いから

「女子高生がホラー映画の試写会を企画し実行する」

という施策が生まれました。

 

プロデュースに関わる実行委員をマイナビティーンズ会員から募ったところ、すぐに8人の募集人数がいっぱいになり、ホラー試写会というテーマが女子高生に響きました。

実行委員会に所属することになった8人の女子高生は、朝から試写会について計画を立て、夜には備品の作成まで行いました。

 

前代未聞の理由は、実行委員会の女子高生の関わる幅広さにあり?

そうして熱量の高い企画は入り口装飾・受付・司会進行・試写後のゲーム・衣装等、細部までこだわられたアイデア満載の試写会を実現しています。

 

試写会にはマイナビティーンズ会員の女子高生が約40名参加し、体験レポ的にSNSに投稿がされました。

Twitter投稿を見た総計7,800名以上のTwitterユーザーからは「面白そう」「羨ましい」といった声や多くのリツイート・お気に入りを記録し、高いエンゲージメントを達成しました。

 

SNSで集客後は、特設サイトで受け入れ施策を実施

マイナビティーンズでもWEBタイアップページを作成することで、「女子高生が企画するホラー映画の試写会」を幅広い世代のユーザーへ認知する機会を創出しています。

WEBタイアップページへ情報を集約することで、若い子だけで話題になっている試写会ではなく、全世代が注目する試写会へと世間へ広がりを見せました。

 

Pocket

ライター:マイナビティーンズラボ編集員
ティーンマーケティングに役立つティーンの定番や流行の情報を発信!マイナビティーンズのオンライン会員やJK編集部メンバーへの調査や、弊社で実施したティーン向け施策の事例情報などを記事にしています。

お問い合わせはこちらまで→teens-lab-info@mynavi.jp

キーワード:, , , , , , , ,

お問い合わせ