新人登竜門のJOL原宿!メジャーデビューを華々しく飾ったアーティストが多数!

PRイベント ティーンでPR ティーンに認知拡大 店頭・街頭メディア 施設/店舗

058_01

JOL原宿では1週間で平均10イベントを行い、アーティスト・アイドルのステージイベントを日々開催しています。

最近では新人アーティスト・新人アイドルのメジャーデビュー前の登竜門的存在としてレコード会社や事務所がJOL原宿を利用をされることが多く、それを目当てとしたファンが多くご来場されています。

 

著名ガールズバンド編

もはや武道館ライブを成功に収めるほどにブレイクしたSilent Siren。

彼女達もまたデビュー前からガールズバンドとして親和性の高い地、JOL原宿で地道にLIVEを重ね、ファンを獲得しデビューに弾みを付け、さらに人気の着火剤として同世代の10代女子の共感を得ることで、オリコン10位にランクインするまでのアーティストに成長しました。

058_02

▲Silent Siren

 

男性ユニット編

2016年度は“ジェンダーレス男子”で話題になったメンバーが在籍する男性ユニットXOX(キス・ハグ・キス)や、JUNON SUPERBOY ANOTHERS(ジュノン・スーパーボーイアナザーズ)などがデビューイベントを飾りました。

058_03

▲XOX

058_04

▲JUNON SUPERBOY ANOTHERS

 

ネクストブレイクアーティスト編

それ以外にも、10代女子に流行している、もしくは人気のカルチャーアイコンとなるアーティストやアイドルをいち早くブッキングしたり、今後ネクストブレイクが期待されるアーティストやアイドルのチャレンジの場としてライブを行ってもらうことで、JOL原宿自体も出演者と一緒に成長を遂げています。

058_05

▲まこみな

 

集客性やキャパシティも高く、JOL原宿がアーティストに愛される4つの理由

①集客性

例えばライブハウスを活用すると、集客問題が必ず付いてまわりますが、JOL原宿には月間10万人以上の女子中高生がオーガニックに来場するので、その心配はありません。施設に来場したターゲットを“アーティストのファン”にする事だけに注力できます。

 

②キャパシティ

JOL原宿はキャパシティが約10名~最大約200名と変動可能で、新人のアーティストもハードルを低くしてチャレンジしやすいという環境であることです。

 

③客層、属性

原宿という若者の街で女の子が集まりやすく、セグメントされた空間でオンターゲットにプロモーションが可能です。フードコートも併設されており、幅広い世代や趣向のお客様に気軽にかつ近距離でパフォーマンスを見てもらえる場所を提供でき、ターゲット以外のグレー層を獲得できる可能性もあります。

 

④興行、外販

JOL原宿イベントはローソンHMV/TOWER RECORDSとも提携し、外販の強化を進めています。ご利用されるプロダクションに負担をかけないような決済環境の整備もされています。

 

アーティストが継続して出演を希望するステージであり続けるために

通常、デビューを飾り、華々しくブレイクを遂げたアーティストやアイドルは、キャパシティやより高い興行を求めて、改めて小さなステージには立たない傾向が見られますが、ここJOL原宿を利用したことのある出演者の多くは、ある程度の期間が経った後でもJOL原宿のステージを好んで利用されることが多数あります。

Pocket

キーワード:, , , ,

お問い合わせ